クライアントさんの新規事業立上げのお手伝いをさせていただく中、往々にして問題になるのが新たに開発した製品なりサービスの値段をいくらにするのかという、いわゆるプライシングの問題です。

既に先行している類似製品がある場合、それらの市場価格を一応参考にし、新たに付加されるであろうバリューのプレミアム期待値を乗せて大体の値段を算出するというやり方もあります。

しかし、先行している類似製品がない、ベンチマークとなる製品がない場合、どうすればいいでしょうか?

私は、くれぐれも原価積算方式で価格を決めないで下さいとアドバイスしています。

原価積算方式とは、かかった原価に利益を上乗せして価格を決定するやり方です。先に問題になった電力会社の価格算出方式もこのやり方です。

このやり方は、公定価格である程度値段が固定化できるケースでは有効かもしれませんが、市場原理で価格が決定するケースでは使うべきではないと考えます。

なぜなら、価格はあくまでも消費者が決定するもので、消費者にとってはコストがいくらであろうが関係ないからです。

ですので、理想的には、消費者が喜んでプレミアムを払ってくれるようなクールで素晴らしいモノやサービスをつくるのを前提に、プライスもそれなりに高めに付けた方がいいと思います。

最終的には市場原理が価格を決定しますので、消費者が高いと判断すれば価格は自然と下がるでしょうし、安いと判断すればプレミアムつきの価格を支払ってくれます。

特に、「今まで世の中になかったモノ」のプライシングは、ある程度のプレミアム価格を提示して消費者にオファーすべきでしょう。その「ある程度」がいくらが「妥当」なのかは、各種の状況を鑑みながら随時判断して行くしかないと思います。

苦労してつくった新製品・新サービスであればこそ、自信をもって堂々と値段をつけていただきたいと思います。


無料お試し読みはこちらから



(ブログランキングへのご協力をお願いいたします↓)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村